カテゴリー: 脱毛のお役立ち情報

毛抜きで脱毛した結果!

私は足の毛(まあまあ毛が濃いのです)をどうにかやりたいと、脱毛をしてみる事にしました。

でもいちいち脱毛サロンには行きたくなかったので、なんとか自身で決行する事にしたのです。

お金もないので、できるだけ経済的に脱毛したかったのです。

手順はいたってすっきり!毛抜きで一本一本毛を抜いていったのです。

正直に言うと、かなり痛いです。

何本、何百本、抜いてもこの痛さには例えるなら慣れません。

しかも次第にと毛を抜いた肌が赤くなってきて、肌荒れを起こしそうになります。

やればやるほどお肌はツルツルになってきているようでありますが、赤い肌に変わっていきます。

清純になっているようには見えません。

これはダメだと肌を労ろうと考え、住宅にあったオロナイン軟膏をその肌に塗りつけました。

少々マシになった気はします。

でもそれを見ていた私の姉がオリーブ油を肌に浸すと赤みも引いてくるし、肌がすべすべになってくるよと教えてもらい、やりました。

わりといいですね、オリーブ油。

苦しみも引いてきます。

私にとって脱毛する事例には必要不可欠なものになりました。

脱毛する前にオリーブ油で肌を潤わす、脱毛後にはオリーブ油で肌を整える。

これで苦痛もマシに脱毛ができて、肌荒れなどのトラブルもおさえる事がでました。

そもそも毛抜きで脱毛自体がダメな事かも知れませんが、万が一同じような手順で脱毛している方がいらっしゃればベストチョイスやりたいですね。

脱毛に勤しむ女性

デリケートゾーンの脱毛法

デリケートな女性
陰毛の脱毛をすることを、ようやく心積もりしました。

理由は些細な事で、旦那に外国転勤の見込みがでてきたからです。

更に台湾やシンガポールなどの暑い国が芳醇だと言われ、わたしは外国の不衛生な環境を危惧し、脱毛しなければ!と思った次第です。

この話をするとたいてい笑われるのですが、決断した時のわたしは全力でした。

そのようなこんなでデリケートゾーンの脱毛を開始しました。

ところが箇所なので、高値段なのは痛いですが成果が確実で確かな皮膚科の医療脱毛を選択しました。

どれくらい痛いのかわからなくて心もとないなのと、他人にデリケートゾーンを見られるという恥ずかしさで初めは非常に緊張しました。

ただしスタッフは優しく、施術中は余分な雑談もなくロボットのようにテキパキと進めてくれてホッとしました。

成果は抜群で回を重ねる度に確実に毛量は減っていき、4回目くらいでおおかたなくなりました。

これで常に外国に行けますが、旦那にはまだ転勤の兆しはないのです。

ただしただし、デリケートゾーンの脱毛は考えもしなかったところに良い影響を発揮しました。

それは生理中が非常にスッキリ暮らせるようになった事です。

脱毛以前は結構ムレてかゆくなったり匂いが気になったりしていました。

それが毛がなくなったら改善されたのです。

こんな事なら一層早くデリケートゾーンの脱毛をしておくべきだったと反対に悔やみするくらいです。

外国を想定してスタート出来た脱毛でしたが、毎日の暮らしにおいても良い成果ばかりで決心してよかったなと思っています。